高品質、色の再現性が高い、最新プロダクションプリンタ(オンデマンド印刷機)による名刺印刷

大阪本店050-3136-0078
受付時間 AM10:00~PM19:00(土日祝は12:00~)

名刺印刷を発注される際の業者の見分け方についてご紹介いたします。

◆粗悪な名刺印刷業者の見分け方◆

名刺印刷は、サイズが小さいことから、機材の性能が判りやすくなります。だからこそ名刺エキスプレスでは『品質』に重点を置き、どこよりも綺麗な高品質な名刺印刷を目指しております。
名刺印刷のみならず、『印刷物』の発注において一番気にしたいのが
「発注する印刷所がどこクラスのどんな機材を使っているのか」
です。もちろん価格も重要です。
印刷物を発注される際、特に名刺発注の際「どんな機材を使っていますか?」と業者に聞いてみてください。9割程の業者は印刷機材についてぼかした回答を出すかと思います。
たいていの名刺印刷業者は5万円から、高くても40~50万円程度の印刷機材で印刷しております。いわゆる家庭やオフィスで普通に使っているレーザープリンタやコピー機です。
名刺は厚紙を使います。コピー用紙ではきれいに出力されるとしても、このような機材で厚紙である名刺を印刷すると、ムラがひどかったり、写真の再現性が悪かったり、トナーの乗りが悪く印刷品質が極端に低下していたりします。これでは粗悪な印刷結果となってしまいます。

◆弊社導入機材について◆

弊社では、写真品質で定評の、コニカミノルタジャパン製AccurioPressを導入しております。
市販のレーザープリンタやオフィスやコンビニにあるコピー機とは一線を画した機材です。
先ほど述べましたが、レーザープリンタやコピー機が5万円から50万円程度に対し、弊社機材は1千万円クラスの機材です。
弊社の名刺印刷は、このクラスの機材で印刷を致します。だから高画質・高品質を実現できるのです。

Adobe社のPostScript3に対応した最新プロダクションプリンタ(オンデマンド印刷機)を導入致しました。高画質なことはもとより、色の再現性が高くなり、よりハイクオリティーな名刺印刷を実現いたしました。
特急で名刺が欲しい、そんなスピード名刺から通常納期の名刺印刷に至るまで、最高品質で商品をお届けいたします。

印刷機は高品質オンデマンド印刷機を使用しております。
高解像度で、色表現各色256階調(1670万色)の高品質。
トナーは「デジタルトナーHDE」を使用していますので、機能性ポリマーを含有した三次元ハイブリッド構造により、あらゆるタイプのメディアに対して高い追従性を有し、最適で自然な風合いを実現できます。

オンデマンド印刷では、トナーを利用することから粒子が荒くなり写真には適さないと言われてきました。弊社のオンデマンド印刷機は、粉砕トナーを利用した粒子の細かい印刷となっております。S.E.A.D. V(最先端の画像処理技術)の最新画像処理技術。画像処理・形成・現像システムの高度な連携を行い、エンジンの特性を最大限に発揮した高画質を実現します。
文字の太りや抜き文字のつぶれを改善する細線化処理、網点背景の抜き文字や中間色の文字のジャギを改善する輪郭強調処理を搭載。クラストップレベルの文字品質と高い可読性を提供します。
ドットスクリーン6種、ラインスクリーン3種、FMスクリーン3種の計12種を搭載。プルーフ出力、写真印刷、モアレ発生の抑制など、用途や目的によって使い分けが可能です。
実際に使用する用紙で調整を行い、用紙特性にあった正確な階調補正が可能です。ターゲットカラーにはCMYKに加えRGBも測色するモードを追加し、さらに正確さを高めることもできます。

オンデマンド印刷では、厚物の印刷が苦手とされてきました。オフセットでしか通らないとされてきた特殊紙が、弊社導入のオンデマンド印刷機では印刷可能となっております。当社のオンデマンド印刷機は厚物にも対応し、特殊紙の印刷が得意です。凹凸の激しいレザック等の用紙でも優秀な仕上がりです。特殊紙を使った名刺は是非名刺エキスプレスをご用命ください。

マルチプロダクション印刷システムAccurioPress紹介動画

↑ PAGE TOP